「聖徳太子は架空の人物だ!」とされる4つの理由!

聖徳太子
スポンサーリンク

聖徳太子は架空の人物説

多くの方が日本史の始めの頃に習った「聖徳太子」

  • 中国皇帝 煬帝に出した手紙「日出ずる処の天子、書を日没するところの天子に致す云々」
  • 10人の話を同時に聞くことが出来た
  • 十七条憲法、冠位十二階などの規律を定めた
  • 法隆寺を建立した

などなど、画像の人物として旧日本紙幣の肖像画にもなっていました。

が、実は『聖徳太子は存在しなかった?!』という説も強く存在しています。

それはなぜか…?

聖徳太子をざっとおさらい

聖徳太子
聖徳太子とは…

厩戸王うまやとおう」とされる人物で、飛鳥時代の政治家です。

本名は「厩戸豊聡耳皇子うまやとのとよとみみのみこ

用明天皇の皇子として誕生し、母は蘇我稲目そがのいなめの孫にあたる穴穂部間人皇女あなほべのはしひとのひめみこになります。

厩戸王は、19歳で推古天皇の摂政となり「憲法十七条の制定」など数々の偉業を成し遂げたとの記録があり、

この功績により、後世「聖徳太子」として人々に称えられ、その名がいまに定着しています。

参照:「聖徳太子は本当に存在したのか?」より

この厩戸王は実在の人物の可能性が極めて高いですが、厩戸王の実績に関しては疑問符が多く、本当に聖徳太子と同一人物なのか?ということが言われています。

聖徳太子は実在しなかった?!4つの理由

理由1:肖像画自体が嘘ばっか

聖徳太子と聞いて思い浮かべる絵ですが、これは『日本書紀』に「聖徳太子とされている人物」として登場するのが最初になります。

が、聖徳太子が亡くなったのは622年頃とされていて、日本の飛鳥時代に当たります。

日本書紀が出来たのは722年頃とされているので、編纂時期を含めたとしても約100年のタイムラグがあることになります。

「聖徳太子が肖像となっている旧千円札」旧千円札 聖徳太子

上記のような肖像画は、約100年くらい前の人の特徴を後の人が人伝いか想像で書かれたもの、と歴史研究家の多くから指摘しており、実際に肖像の人物が聖徳太子かどうかは全くの未確証となっています。

持っている「しゃく」を携帯するようになったのは奈良時代から

聖徳太子が手にしているものは「」と呼ばれ、

  • 威厳を出す
  • ちょっとしたメモ張かわり、メモした内容をチェックする

ためのもので、手にして携帯するようになったのは奈良時代からとされています。

聖徳太子の時代には笏自体なかった?と指摘もあり、「聖徳太子は架空の人物説」を強くするひとつの要素となっています。

冠、衣服が飛鳥時代のものではない

聖徳太子が着ているちょっとゆったりめ?な服と冠は、どちらかというと『日本書紀』が編纂された700年代のトレンドだったとか?!

ひげは後から加筆されて書かれたもの?!

これは人によって印象や解釈の違いはあると思いますが、筆質、筆圧の違いが指摘されており、年代の異なる別人が書き足したものと言われています。

理由2:隋書との違い

隋書によると、608年に日本に来日している史記があるのですが、その時日本で会った王は男性だったとしています。

年代的に当てはめると日本で言うとこの天皇は推古天皇と推察でき、推古天皇は女性です。

隋の記録が間違いなのか、または日本の歴史自体が分かっていることと違うのか…?

理由3:摂政という役職は飛鳥時代になかった?!

『日本書紀』の記録によると、

スポンサーリンク

「聖徳太子は女性天皇である推古天皇の摂政となり、代わりに政を執り行った」

と解釈出来る文面が多く残っており、これが日本史上最初の摂政の登場となります。

が、摂政という単語の出自や使われ方に時代錯誤を唱える学者も少なくありません。

理由4:聖徳太子=厩戸王とすると、厩戸王の活躍度合いに疑問が…

出典:「厩戸王」菊池容斎『前賢故実』厩戸王

聖徳太子という言葉は後から付けられた尊称ですが、これは最大級の賛辞とも取れます。

  • 冠位十二階の制定
  • 憲法十七条の制定
  • 国史編纂
  • 遣隋使の派遣
  • 三経義疏
  • 法隆寺・四天王寺の建立
  • 仏教興隆

と、とても素晴らしい実績を遺したのですから当然といえば当然ですが、上記を厩戸王がした、もしくは関与したという記録がどの資料にも一切ないのです。

立場や位的に政の中核を為す役職にいたことは確かなので、完全に否定は出来ません…が、どうも怪しい…。

し、そもそもこんな大業を本当に一人で成し得られるのか?という疑問も歴史研究者の間では議論の的になっているようです。

とある考察では…

例えば、聖徳太子が後から創られた架空の存在だったとして、なんでそんなことをする必要があったのか…?

「聖徳太子」という単語が登場するのが、本人が没した約100年後に登場する『日本書紀』になります。

この日本書紀を編さんした人物…何かしらの意図で都合よく書き加えられる藤原不比等が大きく関わっている、との見方があります。

藤原不比等/編纂「日本書紀」日本書紀

厩戸王の死後、息子であった山背大兄王が蘇我入鹿によって討たれたのをはじめ、蘇我馬子、蘇我蝦夷、蘇我入鹿ら蘇我氏親子の台頭により、時代はどんどん変わっていきます。

越権行為や傍若無人ぶりで権勢を誇った蘇我氏。

そんな蘇我氏を中大兄皇子(後の天智天皇)と藤原鎌足(藤原不比等の父)が討ち破ったクーデター「大化の改新」が起こり、

そこから新たに始まる藤原家を中心としたドロドロの権力争いや、蘇我家の祟と考えられていた相次ぐ不審死や天変地異。。

その中で薄れていく庶民の信仰心…

歴史を編さんすることで混沌とした時代を生き抜く未来に光を灯す「ヒーロー」的な存在をその時代が求めていたのかもしれません。

  • 過去を学び、
  • 規律を重んじ、
  • 仏の教えを説き、
  • 祟や怨霊の類を鎮める寺を建立し…

そんな大業を一手に執り行った英雄的人物が過去にいたことを世間一般に知ってもらい、その恩恵にあやかり時代をまとめる力とし、また後世にも遺す。

そのような何かしらの背中を押してくれるような力が必要とされていたのかもしれません。

また、「蘇我馬子」「蘇我蝦夷えみし」「蘇我入鹿」という名前は本当は別の字だったとされ、

  • 蝦夷は「毛人」が本来の字で「蝦夷」は野蛮人の俗称
  • 馬子と入鹿で「馬鹿」
  • 「入鹿」はくじらを指し、当時は暴君を指した俗称

とも解釈されており、敢えて俗称の記載で日本書紀に遺したところを見ると、

  • 蘇我氏を貶め悪役にし、
  • 大化の改新を正当化させ、
    (大化の改新が実際にあったかどうかは別として)
  • 蘇我氏によって変わってしまった時代以前の何かに光を求めた

そんな意図がもしかしたら藤原不比等にはあったのかもしれません。

「藤原不比等」人物肖像図藤原不比等

信憑性や歴史的解釈等は抜きにしても、ちょっとおもしろい考察だったので、ご紹介までに。

  • この記事は2015年までに分かっている史料等や諸記事を元に書かれています。
  • 今後見つかるかもしれない史料等によっては、全く違う内容になる可能性がある旨ご了承ください。
スポンサーリンク