試験には出ない 徳川家斉の雑学的プロフィール

徳川家斉

多分試験には出ないし、おそらく仕事にも役に立たないし、知ってても特に何かが変わるわけではないけど、いつかどこかで何かに役立つかもしれない息抜き専用雑学、

江戸幕府【十一代将軍・徳川家斉いえなり】編。

徳川家斉に関して分かってる性格・特徴・趣味・嗜好や、女性関係にちょっとしたエピソードなどを雑学的視点のプロフィールとして記載しています。

スポンサーリンク

徳川家斉の雑学的プロフィール

徳川家斉
  • 年代や星座等は新暦換算で記述しています。
  • 年数や年齢は代による暦の違いや数え年の違いから、出典により±1〜3年の誤差があると思われます。
  • 身長は愛知県岡崎市(三河国)の大樹寺にある等身大とされる位牌と、増上寺の遺骨改葬時調査記録を参考にしています。

家斉の簡易プロフィール

  • 人物
    • 生誕:1773年11月18日生
      旧暦:安永2年10月5日
    • 星座:さそり座
    • 身長:約156cm
      :江戸時代の平均身長は155cm〜160cm
  • 家系
    • 氏族:徳川将軍家
      血筋:一橋家
    • 幼名:豊千代
    • 父親:徳川治済
    • 母親:お富の方
  • 将軍期間
  • 奥方
  • 子ども
  • 晩年

徳川家斉をざっとおさらい

徳川家斉肖像画/出典:徳川記念財団蔵徳川家斉

  • 松平定信による「寛政の改革」
  • 幕政改革
  • 朱子学を正学とした「寛政異学の禁」
  • 大御所となった後も実権を握る

家斉将軍期の主な出来事

  • 化政文化期
  • 本居宣長著『古事記伝』が完成
  • 間宮林蔵が「間宮海峡」を発見
  • 伊能忠敬の『大日本沿海輿地全図』が完成

などなど

家斉将軍期の世界情勢

  • フランス革命が起こる
  • ナポレオン皇帝が即位
  • オームが『オームの法則』を発表

などなど

家斉の特徴・性格・趣味・嗜好

  • 在任期間、子宝数 歴代将軍No.1の2冠
  • 超絶倫
  • 大の酒好き
  • 生姜好き
  • 精力剤愛好家
  • 我が強い
  • 権力好き
  • 三国志好き
  • 身体は頑丈で長生き
  • 人に対しては温厚

家斉の人物像

分かっているだけで、息子26人、娘27人の計53人以上もの子どもをつくったとされる家斉。

「子作り以外は他人任せ」が将軍就任前半のモットー。

まつりごとは途中まで松平定信に任せっきりだったが、後半以降は自ら権勢を振るい、大御所となった後も実権は握り続けた。

二代将軍・秀忠以来となる徳川将軍家3人目の、将軍職としては初の太政大臣にも就任。

生姜チーズが大好きで、特に生姜は毎日欠かすことなく、これが精力剤になったともされる。
(偏頭痛薬との見方も)

精力剤のお気に入りは、家康も愛好していたとされるオットセイのペ◯スを粉末にしたものだとか。

元来頑丈な身体のおかげか精力剤のおかげか、67歳まで生きたのは当時にすれば長生き
(江戸時代の平均寿命は約45〜50歳)

家斉の女性関係 色恋事情

女性事情

目的遂行のためか?単に女好きか?

分かっているだけで53人もの子どもを遺した家斉。

絶倫だったのは、自らの子を徳川家親族や有力大名の元へ養子や嫁に出すことにより、家斉の出自である一橋徳川家の血筋を反映させ、権力を牛耳ることが目的で紀州藩からのプレッシャーもすごかった、との見方も。

ただ、特に将軍期前半は政務そっちのけで子作りに励みすぎており、多い年で年間同時に3〜4人もの子どもをつくっていたご活躍ぶりは、目的遂行以上にやはり好きものではなかったら出来ない、との意見が大半。

正室との婚姻前に…

通例、正室とは婚姻を結んでから夫婦の契を交わすのが一般的なのに対して、

「どうせ正室として迎えるのだから」

と婚姻前にもかかわらず手を出しているのが家斉流。

昼夜問わずお盛ん

夜に側室たちとダブルヘッダーをしていたり、それだけでもまだ足りなかったか、昼間から大奥の女中たちの部屋をうろつき、気に入った娘がいれば手を出していたお盛んぶり。

好きもの認定?

精力剤や生姜のおかげか、身体がとても頑丈だった家斉。

冬でも肌着と数枚の薄着で過ごしていた、との記録があり、また別の史料には、

あの・・最中にはどうせ脱ぐしいつでもこと・・に運べるよう薄着でいた」

ともあり、やはり好きものであったご様子。

スポンサーリンク

家斉の人柄が垣間見れるエピソード

エピソード

散歩中に…

お茶屋

三国志が大好きだったとされる家斉が、家臣をつれて散歩中に寄った茶屋で一言

家斉
「余はどうして孔明のような部下に恵まれないのだろうなぁ」

凍りつく家臣一同。

それを見て笑いながら、

家斉
「まぁ、余も劉備のような名君ではないからなぁ」

とちょっとした自虐ネタを。

しかし、家臣は気を引き締める一因になったとか。

花見の季節

飛鳥山の桜

ある時、家臣の1人が

「上様は毎年初夏に王子へ行かれますが、春に行かれてはいかがでしょう。春の方が飛鳥山の桜はたいそう美しいです」

と家斉に上申。

これを聞いた家斉

「確かに桜は美しかろう。だが、飛鳥山の桜は、多くの庶民が楽しむところだ。わしが行けば数日前から人の往来を禁じたりして、庶民の楽しみを奪う事になる」

と。また、

「これは隅田川でも御殿山でも同じ事ぞ」

と付け加え、家斉の庶民を思いやる気持ちに上申した家臣も恐れ入ったそう。

家斉、菊を愛でる

菊の花

あるとき家臣に突然、
「今度菊を見ながら酒を呑みたい。みんな自分でつくった菊を持ってこい」

とのこと。

後日、豪華絢爛たる菊が続々と運び込まれる中、誰がみてもショボい菊が1輪。

その並んだ菊を見て家斉が一言

「みんなの菊は名人が作ったのを買って持って来たのだろう。正直なのはお前だけだ。 お前の菊を見ながら呑むぞ」

と、そのショボい菊と持ってきた家臣を愛でたそう。

ちなみに、その家臣が水野忠邦。
(後の「天保の改革」主導者)

東京大学の赤門

赤門

現在もある東京大学の名物・赤門は、子どもが多すぎて娘の嫁ぎ先全部を把握しきれなかった家斉のために、自分の娘がどこの邸に嫁いだかすぐ分かるよう朱塗の門を建てさせたことに由来。

当時は、加賀百万石・前田家の敷地でした。

備考

  • この記事は2015年までに分かっている史料等や諸記事を元に書かれています。
  • 今後見つかるかもしれない史料等によっては、全く違う内容になる可能性がある旨ご了承ください。
スポンサーリンク