徳川将軍 全15人のちょっとピンクな女性事情プロフィール まとめ

徳川将軍家 葵の御紋
スポンサーリンク

徳川将軍全15人の女性事情

教科書では語られることのない徳川家歴代全将軍の大人の事情を中心としたちょっとピンクなプロフィールを雑学的要素を中心にまとめてみました。

現存している史料や情報を参考に、なるだけ行き過ぎた表現のないように気を付けてはいますが、至らない点もあると思いますので予めご容赦ください。

ランキングは、

  • 奥方=正室(継室)+側室 で算出しています。
  • 正室 > 継室 > 側室 で優先順位付けしています。
  • 全て同数の場合は、勝手ながら年功序列としています。/li>
  • 子宝数が同数の場合は、世子候補が多い順としています。
  • それでも同数の場合は、勝手ながら年功序列順としています。

初代将軍:徳川家康いえやす

徳川家康

家康の女性事情プロフィール

奥方数

子ども

ピンクな噂

  • 多過ぎ

家康に関するピンクな噂

産まれた子より側室の方が多い

徳川歴代将軍の中もでなかなかな女好きで、女中さんやちょっとしたお手伝いさんはじめ、身分に関係なく側女に引き立てるのが家康流。

中でも庶民に近い身分の高くない女性がお好みだったとか。

当時のスタイル的に正室以外との間に子どもができたら側室に引き上げるパターンが多いなか、家康の場合は逆パターンが多く、気に入った女性はすぐ側室にして、文字通りそばに置いておきたいタイプだった模様。

妻妾さいしょうにしろ子どもにしろ、分かっているだけで上記の人数なので、今後何かの史料等が発見されれば、減るよりも増える可能性大だと目される御仁。

落胤も多い

後々の有力大名や各藩の施政者の中にも、実は家康の落胤らくいん(未認知子、隠し子、おとしご)と目される人物も多く、

  • 政治的策略?
  • 手クセが早かった?

と見る向きに分かれる。

豊臣秀頼の父親?説

豊臣秀吉と淀君(茶々)との間に産まれたとされる豊臣秀頼。

秀吉自体が、

  • 老体であった
  • 実は種なし?

説等もあることから、では秀頼の父親は誰なのか?という議論になり、その父親候補の1人として家康の名前もしっかり登場するご活躍ぶり。

家康に関する息抜き専用雑学

LINK 徳川家光、土井利勝…まだまだ存在する家康ご落胤説の他、わりと真面目な雑学も記載中

試験には出ない 徳川家康の雑学的プロフィール

2016.08.09

二代将軍:徳川秀忠ひでただ

徳川秀忠

秀忠の女性事情プロフィール

奥方数

子ども

ピンクな噂

  • 少なめ

秀忠に関するピンクな噂

記録上の正室は “1人”

秀忠には、「小姫おひめ」という許嫁がいたものの、残念ながら小姫が若くして亡くなってしまい、継室(後妻)として迎えられた(後の崇源院)が正室となり、秀忠にとっては継室ながら江とが初婚。

記録によっては、江は継室でなく正室扱いされている文献もあります。

本当は側室が2人

史料によっては、秀忠は「側室を取らなかった」とされるも、当時は将軍の子を産んだ母親が誰でも側室になれたわけではなく、正室存命の場合、正室のお許しがないと側室にはなれない慣習があり、秀忠の、

  • 長男
  • 四男(=保科正之)

は、江ではない女性がそれぞれ出産

本当は真面目で奥手?

先代の父・家康とは違い、割りと女性関係はおとなしかった、とされる秀忠。

それを心配されてか、ある日家康から一夜を共にする女性をあてがわれるも、一切手も触れることなく朝を迎えたとか。

その様子に父・家康は、男として嘆き、跡取りとして喜んだとか。

秀忠に関する息抜き専用雑学

LINK 真面目だけどおっちょこちょい?秀忠に関する女性関係以外の雑学も記載中

試験には出ない 徳川秀忠の雑学的プロフィール

2016.09.12

三代将軍:徳川家光いえみつ

徳川家光

家光の女性事情プロフィール

奥方数

子ども

ピンクな噂

  • 男色話が割りと豊富

家光に関するピンクな噂

若いころは男色気質

江戸時代は、仏教の教えなどもあり男色は珍しいものではなかったとされるものの、どちらかと言うと年長者が若い美男子をかわいがる傾向がある中、家光の場合は13,4歳の頃から男色に目覚めていたとか。

スポンサーリンク

若いころは病弱気質だったこともあってか、武ではなく芸に感心があり、中でも歌舞伎にハマり自分で化粧も施し、男らしい男を好んだ模様。

結構嫉妬深い

一度気に入ったらとことん熱を上げ、何かと理由を付けてはお気に入りの男性を取り立てるのが家光流。

しかし、お気に入りの男に、

  • 妻に子が産まれた
  • 二股掛けられた
  • 関係を拒否された

など、自分以外と関係を持ったり、持とうとした関係を拒否されたりすると、

  • 領地没収
  • 打ち首
  • 追い回して斬殺

したりと、その嫉妬心は相当だったご様子。

大奥誕生説

若い頃から男色一辺倒で、30歳くらいまで一人も子がいなかったという家光。

この非常事態を案じたのが乳母である春日局。

全国から美女と呼ばれる女性を片っ端から集めるも、家光には合わず、はじめはさほど成果はなかったとか。

この、いつでも将軍の伽が出来るシステムを構築したのが、大奥の誕生とされています。

家光に関する息抜き専用雑学

LINK 徳川家を救ったのはお万の方!その他、家光に関する雑学や強気な性格が伺えるエピソード等を参考程度に記載中

試験には出ない 徳川家光の雑学的プロフィール

2016.09.15

四代将軍:徳川家綱いえつな

徳川家綱

家綱の女性事情プロフィール

奥方数

子ども

  • 0人

ピンクな噂

  • 不詳

家綱に関するピンクな噂

あとつぎを遺さなかった謎多き人物

若くして将軍になるも、幼少期に発症させた脳の病気の影響あってか、病弱だった模様。

そのせいもあってか子宝には恵まれなかったが、将軍在任期間は約28年と歴代将軍の中でも3番目に長かった。

しかし、家綱自身は誰かを養子に迎えるわけでもなく、後嗣こうし(あととり、世継ぎ)を最後まで明確にしないまま病に倒れてしまう。

女性関係が分かる史料も少なく、男色の気配も薄いことから、そっち方面には疎かったのか謎多き御仁。

家綱に関する息抜き専用雑学

LINK 心優しき御仁、家綱に関する雑学やエピソードを参考程度に記載中

試験には出ない 徳川家綱の雑学的プロフィール

2016.09.17

五代将軍:徳川綱吉つなよし

徳川綱吉

綱吉の女性事情プロフィール

奥方数

子ども

ピンクな噂

  • 多過ぎ

綱吉に関するピンクな噂

歴代全将軍きっての「両刀使い」

綱吉の場合、側室に召し抱える女性や子どもの数は少ないものの、数々のピンクな噂が残っており、女性男性関係なく文字通り精を出していたとか。

女性に関しては、女中はもちろん、家臣の娘だろうが結婚したての新妻だろうが、気に入った女なら見境なく妾にしていたそうで、その分多方から恨みもかっていたご様子。

男性に関しても、家臣をはじめ美少年を片っ端から集め、江戸城内に男版の大奥部屋をつくって囲っていたとか。

経験人数130人以上の強者

時にはマンツーマンで、時には集団で、とその楽しみ方も様々で、家臣の妻とその妻の母まで同時に相手させたり、10人以上の美少年たちと1日以上大部屋でことを勤しんでいたご様子。

綱吉と関係を持ったことのある者は、男女合わせて延べ130人以上と言われており、歴代全将軍含めてトップクラスのお好き者。

ちなみに、日本史を学ぶと徳川綱吉とセットで覚える柳沢吉保も、綱吉からいろんな意味で寵愛を受けた人物の一人。

綱吉に関する息抜き専用雑学

LINK 綱吉に関する女性関係・男性関係含めたその他の雑学やエピソードを参考程度に記載中

試験には出ない 徳川綱吉の雑学的プロフィール

2016.09.17

六代将軍:徳川家宣いえのぶ

徳川家宣

家宣の女性事情プロフィール

奥方数

子ども

ピンクな噂

  • 不詳

家宣に関するピンクな噂

イケメンで人気高い

庶民から人気のなかった前代・綱吉の政策をことごとく取り払っていったことに加え、家宣自身ルックスがよく、温厚で心優しい性格だったこともあり、庶民から圧倒的な人気を誇った。

が、本人は厳格な性格も相まってか勉強に打ち込む日々で、女性関係は世子(後継ぎ)遺し以上のことはせず、とても穏やかだった模様。

家宣に関する息抜き専用雑学

LINK 新井白石が証言、家宣の勉強に対する姿勢やその他の逸話を参考程度に記載中

試験には出ない 徳川家宣の雑学的プロフィール

2016.09.18

七代将軍:徳川家継いえつぐ

徳川家継

家継の女性事情プロフィール

奥方数

  • 0人

子ども

  • 0人

ピンクな噂

  • 全くなし

家継に関するピンクな噂

早世してしまった不遇の将

わずか4歳で将軍となってからは、世継ぎ遺しの関係上、正室候補は存在するも、家継自身が元服(13〜16歳)前に亡くなってしまったため、婚姻は結んでおらず子もいない。

家継に関する息抜き専用雑学

LINK 将来有望だった?!家継に関する逸話を中心に、その他の雑学的知識を参考程度に記載中

試験には出ない 徳川家継の雑学的プロフィール

2016.09.18

八代将軍:徳川吉宗よしむね

徳川吉宗

吉宗の女性事情プロフィール

奥方数

子ども

ピンクな噂

  • 割りと多め

吉宗に関するピンクな噂

実は結構お盛んな肉食系

将軍になる前は紀州藩主を務めており、その紀州時代は藩主になる前もなってからも女好きで相当お盛んだったご様子。

  • お出かけ途中、休憩がてらに寄った茶屋の娘に手を出した
  • 散歩中に通りかかった農家で働く女性を気に入り側女にした

など、ちょっとでも気に入ればところ構わず片っ端から手を出すのが吉宗流。

ストライクゾーンも広く、手を出された女性の性格や容姿はバラバラだったそう。

「覚えがある」

将軍時代、江戸町奉行に「大岡越前」で有名な大岡忠相おおおかただすけの元に

「自分は吉宗の子だ」

と主張する者が何人か現れる。

素性を調べると実は違うと分かるも、訴え出てくる人数が少なくないことから、この件を吉宗に話したら

覚えがある

全く否定しなかったとか。

以後、素性調査により時間が掛かることとなり、有力藩のなかにも吉宗の子と疑わしき人物が少なからずいます。

ふくよかな女性好き?

吉宗の政策の代表的なものに倹約がありますが、大奥にいた人員を大量に減らしたのもそのひとつ。

この時、

「美人は得するするからどこいっても大丈夫だし、金が掛かる」

的な理由で美女ばかりを解雇するも、実この時の好みがふくよかな女性で気に入った者はしっかり残したとか。

晩年は脳の患いもあってか、もっぱら大奥で女性たちと過ごしていた、と文書に記されてあるのが見つかっています。

吉宗に関する息抜き専用雑学

LINK 吉宗が将軍になれたのは奇跡か陰謀か…吉宗に関するちょっと詳しい雑学や逸話を参考程度に記載中

試験には出ない 徳川吉宗の雑学的プロフィール

2016.09.19

九代将軍:徳川家重いえしげ

徳川家重

家重の女性事情プロフィール

奥方数

子ども

ピンクな噂

  • 少なめ

家重に関するピンクな噂

女性説がある将軍

家重の場合は女性関係というより、家重自身に【女性説】があります。

その真偽は全くもって不詳ですが、女性説が出るようになった謂れを5つのポイントから下記にまとめてみました。

LINK 検証!徳川家重女性説

試験には出ない 徳川家重の雑学的プロフィール

2016.09.19

十代将軍:徳川家治いえはる

徳川家治

家治の女性事情プロフィール

奥方数

子ども

ピンクな噂

  • ほとんどなし

家治に関するピンクな噂

当時のご時世では異例?の愛妻家将軍

家治は公家出身の正室・心観院(五十宮倫子女王)を正室として迎え、程なく正室との間に2女を儲けるも、不幸なことに2人とも早世してしまいます。。

当時、正室は政略的な婚姻であくまで形式的であることが多い中、正室が子を儲ける(寵愛を受ける)こと自体が異例でした。

しかし、家治は側室を持つことを拒み、その後も正室・倫子を大事にしたご様子。

家治の愛妻家エピソード

正室との間に2子儲けるも早世してしまい、以後世継ぎ遺しに関心が薄れてしまった家治。

田沼意次をはじめ、家臣が懸命に側室を持つことを促すも、家治は決して首を縦に振らなかったそう。

結果的に世継ぎ遺しが目的のためだけに、2人の側室を持つことを渋々承諾はするも、側室を持つ交換条件として、強く薦めた田沼意次にも同じく妾を2人持つようにさせたとか。

正室・倫子がありながら側室を持たねばならない家治の苦悩が分かる逸話として残っています。

家治に関する息抜き専用雑学

LINK 家治に関するその他の雑学や、家臣を想う心優しき逸話等を参考程度に記載中

試験には出ない 徳川家治の雑学的プロフィール

2016.09.20

十一代将軍:徳川家斉いえなり

徳川家斉

家斉の女性事情プロフィール

奥方数

子ども

ピンクな噂

  • 多過ぎ

家斉に関するピンクな噂

結果をしっかり遺した絶倫将軍

分かっているだけで、

  • 正室、側室合わせて17人
    (一説には側室40人近くとも…)
  • 子ども53人以上

と、将軍の大事な役割の1つでもある世継ぎ遺しは、しっかりと結果を出した家斉。

徳川一橋家の血脈を新たに反映させるため、との役目も負っていたとはいえ、別々の女性から3〜4人の子どもを同じ年に儲けていたご活躍ぶりは、役目以上にやはり好きものでなかったら出来ない、との見方が大半。

昼間からもお盛ん

夜に側室と世子遺しに勤しむだけでは事足りず、昼間から大奥の女中たちの部屋をうろつき、気に入った娘がいれば手を出すご活躍ぶり。

精力の元は生姜と粉末精力剤

歴代の将軍の中には、なかなか世継ぎが出来ずに苦悩した将軍が見受けられる中、家斉は元々身体が強かったためか、その苦悩は少なかったそうで、その一因として挙げられるのが精力剤の活用

中でも、好んで毎日食べていたとされる生姜と、当時とっても貴重だったオットセイのペ◯スを粉末にしたものをよく摂っていたとか。

家斉に関する息抜き専用雑学

LINK 絶倫だっただけじゃない家斉の人柄が分かるエピソード

試験には出ない 徳川家斉の雑学的プロフィール

2016.09.20

十二代将軍:徳川家慶いえよし

徳川家慶

家慶の女性事情プロフィール

奥方数

子ども

ピンクな噂

  • 割りと多め

家慶に関するピンクな噂

割りと女性を大事にするタイプ?

父である先代・家斉が女性に手当たり次第的なのとはちょっと違い、家慶の場合は子どもの数からすれば側室の人数は割りと少なめな傾向に。

同じ側室との間に2〜4人の子どもを儲けていることから、世継ぎ遺しの役目と同時に、女性も割りと大事にする方だった、と見る向きが多い。

家慶に関する息抜き専用雑学

LINK 父である家斉とは大違い?!家慶の側室との向き合い方を含む家慶に関する雑学を参考程度に記載中

試験には出ない 徳川家慶の雑学的プロフィール

2016.09.20

十三代将軍:徳川家定いえさだ

徳川家定

家定の女性事情プロフィール

奥方数

子ども

  • 0人

ピンクな噂

  • 不詳

家定に関するピンクな噂

史料少なく不詳

家定自身が病弱で周囲から脳性麻痺を疑われていたため、将軍就任直後から早くも次の後継問題が上がっていた。

そのせいか、家臣も家定に熱心な世継ぎ遺しを期待していなかった感あり。

また、正室が相次いで早世し、継室である天璋院(篤姫)との間に子も産まれなかったこともあり、家定に関する女性関係の記録はほとんど見受けられず。

家定に関する息抜き専用雑学

LINK 病弱な振りは全て縁起だった?!家定に関するハリスの証言を交えた雑学やエピソードを記載中

試験には出ない 徳川家定の雑学的プロフィール

2016.09.20

十四代将軍:徳川家茂いえもち

徳川家茂

家茂の女性事情プロフィール

奥方数

子ども

  • 0人

ピンクな噂

  • 全くなし

家茂に関するピンクな噂

側室をとらなかった唯一の将軍

早世し婚姻自体結んでいない七代・家継、正式に側室として認められなかった秀忠の件を除き、歴代将軍の中で側室を持たなかった唯一の将軍

公家との政略結婚的な意味合いの強い正室・和宮親子内親王(静寛院宮)を一途に想い、2人の関係は周りから見ても良好であったそう。

和宮親子自身は、姑にあたる天璋院(篤姫)と一悶着二悶着あるものの、家茂が間に入り事なきを得ていたとか。

歴代徳川将軍の中で正室と最も夫婦仲が良かったとみる歴史家は多く、おしどり夫婦だったご様子。

家茂に関する息抜き専用雑学

LINK 家茂の真面目な性格や、人を大事にするエピソード等を記載中

試験には出ない 徳川家茂の雑学的プロフィール

2016.09.21

十五代将軍:徳川慶喜よしのぶ

徳川慶喜

慶喜の女性事情プロフィール

奥方数

子ども

ピンクな噂

  • 少なめ?

慶喜に関するピンクな噂

ちょっと奇妙?で穏やかな隠棲生活

大政奉還、戊辰戦争を経て静岡に隠棲する運びになった際、慶喜の周りには数えられないほどの側女がいたとか。。

しかし、隠棲するにあたり2人だけに絞った模様。

この2人の側室が非常に仲良く、産まれた子どももほぼ同数だったことから、みんなおなじ屋根の下で仲良く暮らしたそう。

その甲斐あってか時代の流れか、歴代将軍の中でも10男11女と子だくさんで、慶喜自身も76歳まで生きた。

慶喜に関する息抜き専用雑学

LINK 慶喜の超多趣味ぶりを本人の作品写真を混じえて記載中

試験には出ない 徳川慶喜の雑学的プロフィール

2016.09.22

おわりに

  • この記事は2015年までに分かっている史料等や諸記事を元に書かれています。
  • 今後見つかるかもしれない史料等によっては、全く違う内容になる可能性がある旨ご了承ください。
スポンサーリンク