試験には出ない 徳川家継の雑学的プロフィール

徳川家継

多分試験には出ないし、おそらく仕事にも役に立たないし、知ってても特に何か変わるわけではないけど、いつかどこかで何かに役立つかもしれない息抜き専用雑学、

江戸幕府【七代将軍・徳川家継いえつぐ】編。

徳川家継に関して分かってる性格・特徴・趣味・嗜好や、女性関係にちょっとしたエピソードなどを雑学的視点のプロフィールとして記載しています。

スポンサーリンク

徳川家継の雑学的プロフィール

徳川家継
  • 年代や星座等は新暦換算で記述しています。
  • 年数や年齢は代による暦の違いや数え年の違いから、出典により±1〜3年の誤差があると思われます。
  • 身長は愛知県岡崎市(三河国)の大樹寺にある等身大とされる位牌と、増上寺の遺骨改葬時調査記録を参考にしています。

家継の簡易プロフィール

  • 人物
    • 1709年8月8日生
      旧暦:宝永6年7月3日
    • 星座:しし座
    • 身長:約135cm
      :江戸時代の平均身長は155cm〜160cm
  • 家系
    • 氏族:徳川将軍家
      血筋:甲府徳川家
    • 幼名:世良田鍋松
    • 父親:徳川家宣(の四男)
    • 母親:お喜代の方(月光院)
  • 将軍期間
  • 奥方
    • 奥方数:0人
  • 子ども
    • 子宝数:0人
  • 晩年

徳川家継をざっとおさらい

  • 先代で父・家宣から続く「正徳の治」
  • 政治は新井白石、間部詮房が主導

などなど

家継の特徴・性格・趣味・嗜好

  • 4歳で将軍に就任
  • 頭が良い
  • 将来有望
  • 病弱
  • 年齢を考えると身長は大きかった

家継の人物像

出典:徳川家継肖像画/徳川記念財団蔵別画・徳川家継

わずか4歳で将軍に就任し8歳でこの世を去る。
(※ 年齢は±1前後の誤差あり)

見た目、顔立ちは凛々しく聡明でもあり将来有望だったとされる御仁。

時に大人顔負けの振る舞いを見せ、幼くして自分の立場を理解している一面も。

家継4歳の時に父・家宣が他界した後、側用人の間部詮房まなべあきふさを父のように慕っていて、言いつけも守っていたとか。

身長は位牌を参考にして計測されており、8歳という年齢を考えれば当時にしてはとても大きい背丈だったと推察されます。

家継の女性関係 色恋事情

女性事情

婚約者1人のみ

若くして将軍になり正室候補としての婚約者はいるも、家継自身が早世そうせい(10歳未満で亡くなってしまうこと)してしまい、正式な婚姻は結ばれず。

家継の人柄が垣間見れるエピソード

エピソード

お辞儀の仕方

幼い頃より父・家宣に似て聡明で立ち振舞も上品だった、とされる家継。

ある日、公家が家継の元へ謁見し深々と頭を下げたのに対して、家継は軽く会釈しただけで見送ったそう。

その姿は幼少ながら将軍としてとても自然な振る舞いで、大人顔負けだったとか。

間部詮房との親交

側用人である間部詮房まなべあきふさを父のように慕っていた家継。

ある時、間部詮房が所用で外出していた際に、間部詮房の帰りを家継自身が玄関先で待っていたり、帰ってくると喜んで抱き付いたほどだったとか。

また、家継に対して間部詮房も優しくも厳しい教育をしていたとされ、詮房不在時に家継がぐずったりしても「詮房様が参られます」と言うと、すぐおとなしくなった模様。

備考

  • この記事は2015年までに分かっている史料等や諸記事を元に書かれています。
  • 今後見つかるかもしれない史料等によっては、全く違う内容になる可能性がある旨ご了承ください。
スポンサーリンク