試験には出ない 徳川家宣の雑学的プロフィール

徳川家宣

多分試験には出ないし、おそらく仕事にも役に立たないし、知ってても特に何か変わるわけではないけど、いつかどこかで何かに役立つかもしれない息抜き専用雑学、

江戸幕府【六代将軍・徳川家宣いえのぶ】編。

徳川家宣に関して分かってる性格・特徴・趣味・嗜好や、女性関係にちょっとしたエピソードなどを雑学的視点のプロフィールとして記載しています。

スポンサーリンク

徳川家宣の雑学的プロフィール

徳川家宣
  • 年代や星座等は新暦換算で記述しています。
  • 年数や年齢は代による暦の違いや数え年の違いから、出典により±1〜3年の誤差があると思われます。
  • 身長は愛知県岡崎市(三河国)の大樹寺にある等身大とされる位牌と、増上寺の遺骨改葬時調査記録を参考にしています。

家宣の簡易プロフィール

徳川家宣をざっとおさらい

  • 正徳の治
  • 綱吉時代とは真逆の施政
  • 新井白石、間部詮房を重用

などなど

家宣将軍期の主な出来事

  • 閑院宮家を創立
  • 朝鮮使節待遇問題

などなど

家宣将軍期の世界情勢

  • 清で『康煕字典』が完成

などなど

家宣の特徴・性格・趣味・嗜好

  • イケメンなナイスミドル
  • 温厚
  • 勉強熱心
  • 慈悲深い
  • 庶民からの高感度、人気度高い
  • 猫背
  • 家系図マニア
  • 歴代将軍の中では身長No.1(とされている)

家宣の人物像

出典:徳川家宣肖像画/徳川記念財団蔵徳川家宣

同郷甲府人である新井白石間部詮房まなべあきふさを重用し、庶民から不満の多かった先代・綱吉の政策を徹底的に排除した世直し政治(正徳の治)を推進。

他にも有能な人材を適所に配置したり、各分野の知識人登用による一致団結政治など、綱吉が割りと独断傾向にあったのに対し、それとは真逆に近い政治方針。

新井白石いわく
「君主でこれほどまでに学問に精通している方はどこを見渡してもいない」
とか。

加えて温厚な性格鼻筋通ったルックスから、庶民からの人気度は抜群だった。

遺骨の再現具合から猫背だったとされるが、約160cmの身長で歴代将軍の中で最も高身長だったのでは?とされています。

家宣の女性関係 色恋事情

女性事情

至って真面目な御仁

正室1人に側室4人、子どもも6人に恵まれる家宣。

が、どちらかと言うと将軍としての世継ぎ遺しや、甲州の血縁を広めることを主とした目的で最低限の仕事をした感が強く、家宣自身の女性関係は決して派手ではなかったご様子。

家宣の人柄が垣間見れるエピソード

エピソード

心優しく慈悲深い

家宣の父・綱重から甲府藩主を継ぐにあたり、何人かの家臣も一緒に家宣のお付き人となった。

その中に家宣の養父であり育ての父でもあった新見正信もおり、家宣の新見正信に対する信頼も厚かった。

これをよく思わない他の家臣が、後日幕府に対し

「新見が自らの子を甲府藩主に取り立てた」

と偽って報告。

これが事実無根と幕府側に知れ、偽りの報告をした家臣は切腹を命じられるも、

家宣
「一時とはいえ、自分のために仕えてくれた家臣を助けてほしい」

と幕府に対して助命を嘆願し、減刑が許された。

家臣として働いた期間は僅かであり自らの嫉妬心から虚言を行ったにも関わらず、ほんの一時でも自分のために働いてくれた家臣を憂う家宣の心優しく慈悲深い人間性があらわれたエピソード。

スポンサーリンク

クレーム処理に長けていた

言葉

将軍就任時、先代・綱吉が行っていた政策が庶民からは不評すぎて、町では幕府への不満が絶えず、狂歌(皮肉ったりさげすんだ内容の替え歌や句)などが多かった。

これを良しとしなかった家臣が

「厳しく取り締まるべきでは?」

と家宣に進言。

これに対し家宣
「そう言う批判の中にこそ、重要なことがある」

と家臣をなだめたとか。

後に「正徳の治」と呼ばれる施政を行う家宣の広く深い視野が垣間見れるエピソード。

勉強中の態度

勤勉家

当時の教養とされていた

  • 『経書』
  • 『歴史書』
  • 『諸子百家』

などの学問は全てマスターしていたとされる家宣。

学問は新井白石に師事していて、勉強中の態度も極めて真面目だったそう。

家宣自身が弟子として下座へ降り

夏はどんなに暑くても物事を習うときの正装を身に着け扇も仰がず、

冬は師である新井白石にだけ火鉢を与えて暖を取らせたり、自らはあくまで一弟子として勉学に励んでいた模様。

後に新井白石は「これほどまでに学問を熱心に学ばれる君主は、日本にも中国にもいない」と大絶賛しています。

備考

  • この記事は2015年までに分かっている史料等や諸記事を元に書かれています。
  • 今後見つかるかもしれない史料等によっては、全く違う内容になる可能性がある旨ご了承ください。
スポンサーリンク