\ 何の日?雑学 日別一覧 /

徳川慶喜の性格、特徴、趣味、嗜好や女性関係などの雑学的プロフィール

徳川慶喜

試験にはちょっと出づらいし、おそらく仕事には役に立たないし、知ってても特に何かが変わるわけではないけど、いつかどこかで何かに役立つかもしれない息抜き専用雑学、

江戸幕府 十五代将軍・徳川慶喜よしのぶ編。

徳川慶喜に関して分かってる性格、特徴、趣味、嗜好や女性関係にちょっとしたエピソードなどを雑学的プロフィールとして記載しています。

徳川慶喜の雑学的プロフィール

年代や数字に関して

  • 年代や星座等は基本的に新暦換算で記載しております。
  • 年数や年齢は代による暦の違いや数え年の違いから、出典により±1〜3年の誤差がある場合もございます。

徳川慶喜の簡易プロフィール

徳川慶喜

人物

  • 生誕:1837年10月28日生
    旧暦:天保8年9月29日
  • 星座:さそり座
  • 身長:153〜156cm
    江戸時代の平均身長
    155〜160cm

家系

  • 氏族:水戸徳川家
  • 幼名:七郎麻呂
  • 父親:徳川斉昭(の七男)
  • 母親:有栖川宮織仁親王娘

将軍期間

奥方

子ども

晩年

徳川慶喜をざっとおさらい

徳川慶喜 肖像徳川慶喜

  • 江戸幕府 最後の将軍
  • 慶応の改革
  • 二条城での「大政奉還」奏上
  • 将軍として江戸城に入っていない唯一の将軍

などなど

慶喜将軍期の主な出来事

  • 倒幕の密勅
  • 王政復古の大号令
  • 戊辰戦争の勃発
  • 明治維新のはじまり

などなど

慶喜将軍期の世界情勢

  • ノーベルがダイナマイトを発明
  • マルクス著『資本論』が完成
  • アメリカがロシアからアラスカの土地を買収

などなど

徳川慶喜の性格・特徴・趣味・嗜好

文書

  • 文芸、武芸に精通
  • 学がある
  • 空気読まない
  • 自分主義だけど評判を気にする
  • 家臣からは嫌われる
  • 女性からも嫌われる
  • 慶喜様(けいき様)として一部には好かれる
  • 豚肉大好き「豚一様」とのあだ名も
    (「肉が好きな様」という愛称)
  • 手裏剣は日本でもトップクラス
  • 弓道、カメラ、自転車、油絵、釣り、刺繍…などなど超多趣味

慶喜の人物像

徳川慶喜

スポンサーリンク

江戸幕府の将軍になる前からまつりごとには積極的だった慶喜。

我が強く、言うことがすぐ変わったりで政敵も多く、家臣からは不人気だったご様子。

将軍就任時前から京都で朝廷とのやり取りに奔走していたため、将軍として江戸城に入らなかった唯一の御仁

勝手ばかり言うので女性からも人気はなかったご様子ながら、戊辰戦争後、静岡で隠棲いんせいする際には20人近くの側女がいたとかいないとか。

歴史家
歴史家
時代が違えば名君になる得る器

との呼び声もあるが、逆に

メガネ
歴史家
良くも悪くもズレていた?慶喜じゃなければ当時の難世を乗り越えられなかった

という意見も多く、明治期以降の日本の礎を築いた1人だと言う意見では一致。

余生は、

  • 弓道
  • 油絵
  • 狩猟
  • 打毬うちまり
  • 碁、将棋
  • 刺繍
  • お菓子作り

などなど超多趣味。

しかもそのほとんどがプロ級の腕前だったそう。

中でも手裏剣は日本トップクラスの実力だったとのお墨付き。

徳川慶喜の女性関係・色恋事情

お奥に無縁だった唯一の将軍

女性事情

将軍就任から大政奉還までずっと京都にいたため、将軍となってから江戸城には入っていない慶喜。

そのため将軍として大奥に入らなかった唯一の将軍となるものの、大政奉還による将軍職の返上後に戊辰戦争を経て政治からは離れ、静岡に隠棲する運びになった際には、20人近くの側女を引き連れていたとか。

実際に隠棲生活が始まるに辺り側女を2人だけに絞った模様。

ちょっと変わった隠棲生活

藁葺き

隠棲生活を始めるにあたり選んだ側女2人は女同士で非常に仲が良く、産まれた子どももほぼ同数でみんなで同じ家に住み、子供たちもどちらが自分の母親とは特に意識することなく仲良く暮らしていたご様子。

その甲斐あってか時代の流れか、歴代将軍の中でも10男11女と子だくさん(歴代3位)で、徳川将軍歴代最長の76歳まで生きた。

慶喜の性格や人柄が垣間見れるエピソード

嫌な奴か、天才肌か

ベッド

小さい頃は寝相が悪かったそうな慶喜。

これを気にかけた父・斉昭がある時、

徳川斉昭
徳川斉昭
七郎麻呂が寝る枕の両隣にカミソリを置いて寝相を改めさせろ

と、スパルタ的に寝相の改善をさせようと画策。

七郎麻呂
慶喜の幼少名

いざ慶喜が床に就くと侍女たちが慶喜の枕の両隣に本当にカミソリを置いた。

それを見ていた慶喜は、

徳川慶喜
慶喜
どうせ私が寝入った後は(カミソリを)取り除くんだろう

と一言。

幼少期の頃から人の心の裏を読んだり、ちょっと高をくくった態度をとることが多かったそう。

ちなみに、このことを聞いた斉昭は、

徳川斉昭
徳川斉昭
その利発さ、あっぱれ!

として、

徳川斉昭
徳川斉昭
これは英明な名将になる

と褒め称えたそう。

臆病者か、先見の明あるリーダーか

リーダー

現在の京都付近で起こった鳥羽・伏見の戦いでは、家臣たちに

徳川慶喜
慶喜
たとえ周りの者が討たれて一人になったとしても最後まで戦い抜け!

と慶喜自ら指示したものの、その夜には重臣何人かを騙すかたちで引き連れ戦場を後にし江戸城へ向かってしまう。
(そうせざるを得なかった、と見る向きも)

先の長州征伐でも自身の発言とは裏腹な行動で身を翻していることもあり、

スポンサーリンク
歴史家
歴史家
他人を人とも思わぬ自己保身に長けた臆病者

とする見方と、

大政奉還や江戸城無血開城を実現させたのは、

メガネ
歴史家
諸藩の非難や憤懣を一身に浴び、多くの人命に加え混乱や諸外国の脅威から日本を救った優れたリーダー

だとする見方の両極端に分かれがち。

坂本龍馬、渋沢栄一などは後者。

日本橋の揮毫きごう文字

日本橋

現在も東京・中央区に掛かる日本橋。

その橋柱銘板の揮毫文字は慶喜の直筆。

慶喜直筆の「日本橋」の文字
慶喜直筆「日本橋」

揮毫きごう

毛筆で言葉や文章を書くこと格言や看板の文字について指す場合も

1911(明治44)年に現在の石橋へ建て替えられる際に、時の東京市長・尾崎行雄が、

尾崎行雄
尾崎行雄
江戸から東京へ戦火を交えず無血開城できたのはひとえに屈辱に耐え、負けを認めて恭順姿勢を貫いた慶喜公のおかげである。

いわば東京の一番の恩人にこそ揮毫願うべきである。

との強い敬愛の念から慶喜に依頼したそう。

尾崎行雄も慶喜に対する考え方は坂本龍馬や渋沢栄一と同じだった。

ちなみに、現在の「日本橋」の文字は二代目で、初代は東京・墨田区にある向島百花園に保存されています。

向島百花園内にある石像
向島百花園の石像

尾崎行雄に依頼され慶喜が書した「日本橋」の文字を見せたところ、割と大きな話題となり橋の揮毫になる前に新聞に掲載されたそう。

すると、

人アイコン
日本橋の「本」の字がおかしい

といくつかの抗議が。

この時慶喜が書いた文字は、

の旧字体。

向島百花園内にある石像の「夲」
石像の「本」

これを聞いた慶喜が、

徳川慶喜
慶喜
誤りを末代まで残すのは本意ではない

と書き換えたものが今の日本橋の揮毫となっています。

ただ、お蔵入りだったはずの「日夲橋」の文字がなぜ石柱となり向島百花園に残っているのかは謎。

勝海舟、大激怒

勝海舟

長州征伐の真っ最中だったタイミングで将軍職に就いた慶喜。

将軍になる前から、

徳川慶喜
慶喜
長州討つべし!

と自ら先頭に立っており、将軍職を継いでもその立場を推し進めた。

が、長州藩の高杉晋作らの抵抗もあり一度敗戦するとあえなく立場を軟化。

そこで休戦を持ち込もうと交渉役として長州に送り込まれたのが勝海舟。

勝は奔走しながら何とか長州をなだめることに成功するも、この時同時に慶喜は裏で朝廷を取り込み「長州解兵命令」を発する展開に。

憤っていた長州を何とか説き伏せた努力が全くの水の泡だったばかりでなく、単なる時間稼ぎとして使われたことに勝は憤るもこの時はどうにか耐え忍ぶ。

少し時が流れ、鳥羽・伏見の戦いの時。

家臣たちに慶喜自ら戦えと命じながら自身はこっそり軍艦で江戸に脱出したことも響き、結果は幕府軍の敗北。

船で戦場を脱出し軍艦に乗り込む慶喜
出典:『十五代徳川慶喜公』
慶喜脱出

敗戦が分かっていた慶喜は、脱出時に乗っていた軍艦が江戸に着く場所に勝を呼びつけ、全く悪びれることなく再び勝に尻拭いを丸投げ。

さすがにこの時は

勝海舟
勝海舟
だから言わんこっちゃない!

これから一体どうなさるおつもりか!

と慶喜に対してブチ切れ。

しかし慶喜は、

なぜ自分が怒鳴られてるのか分からない

といった様子だったそう。

超多趣味な余生

箱

静岡での隠棲生活時には趣味を楽しみご近所づきあいもよかったことなどから、

女性
ケイキ様

と親しまれたご様子。

そんな慶喜の趣味の数々の一端をご紹介。

慶喜の趣味:手裏剣

日本でもトップクラスの実力だったとされる慶喜の手裏剣術。

流派は「知新流手裏剣」で

的(時に相手)にいかに早く打ち当てられるか

を主とする流儀で、よくイメージされる手裏剣とは違い角型のものを使用。

慶喜も使ったとされる同型の手裏剣角型手裏剣

慶喜の趣味:カメラ

慶喜が撮ったとされる写真慶喜撮影の写真

コンクールに何度か応募するも落選ばかりだったとか…。

下は写真撮影をしている慶喜の様子を撮ったもの。

慶喜の撮影風景徳川昭武撮影
出典:茨城県立歴史館蔵

慶喜の趣味:油絵

徳川慶喜作 油絵1

徳川慶喜作 油絵2

徳川慶喜作 油絵3

これらは全て慶喜が描いた絵。

慶喜の趣味:諸々

自転車に乗る慶喜自転車に乗る徳川慶喜

狩りをする慶喜狩りをする徳川慶喜

弓道をしている慶喜弓道をする徳川慶喜

他にもまだまだ趣味の多かった徳川慶喜。

将軍職を退いた後、一時政界に戻るも余生は趣味を楽しんでいたご様子。

晩年とされる徳川慶喜の写真晩年の徳川慶喜

将軍という過大なプレッシャーから離れたためか時代の流れか、はたまた、

メガネ
歴史家
幕府を終わりにする際に多くの犠牲を払ったことに対する慶喜なりのけじめだった

からか、享年76歳は歴代の徳川将軍家の中で最も長くその生涯を生きた人となりました。

備考と参照

  • この記事は2018年までに分かっている史料等や諸記事を元に書かれております。
  • 今後見つかるかもしれない史料等によっては、全く違う内容になる可能性がある旨ご了承くださいませ。

慶喜の前の代の将軍は…

十四代将軍 徳川家茂 徳川家茂の性格、特徴、趣味、嗜好や女性関係などの雑学的プロフィール

参考文献など

  • 『徳川将軍列伝』
    著・北島正元
    出・秋田書店
  • 『徳川将軍家十五代のカルテ』
    著・篠田達明
    出・新潮新書
  • 『徳川名君名臣言行録』
    著・岡谷繁実、安藤英男
    出・新人物往来社
  • 『将軍の私生活』
    著・三田村鳶魚
    出・グーテンベルク21
  • 『骨は語る 徳川将軍・大名家の人びと』
    著・鈴木尚
    出・東京大学出版会
  • 『徳川将軍家墓碑総覧』
    著・秋元茂陽
    出・星雲社
  • 『徳川慶喜公伝』
    著・渋沢栄一
    出・東洋文庫
  • 『徳川慶喜家にようこそ』
    著・徳川慶朝
    出・文春文庫
  • 『最後の将軍』
    著・司馬遼太郎
    出・文春文庫
  • 『氷川清話』
    著・勝海舟
    出・角川文庫
  • 『将軍・殿様が撮った幕末明治』
    出・新人物往来社
  • 『日本橋トリビア』
    出・日本橋菓房株式会社
    引・https://www.nihonbashi-kabou.co.jp/

などなど他諸冊